-TAKとは-

デンマーク語で”感謝”を意味する言葉

これまで、ご縁をいただいた多くの方への感謝を込めて・・

-ふつうのチーズを目指して-

もう、ふつうがいい。

チーズ職人は、

酪農がそこにあれば

チーズをつくる

ふつうに作ったそのチーズは

ふつうに​ご近所さんが買ってくれて

ふつうに食卓にのぼる

そこには、気取りや飾り気はなく

浮足立つこともない

ただふつうに、チーズがそこにある

そんな普通のチーズをつくりたい

-いつも、ない-

私たちが作るチーズは

尽きることなく

いつも用意されていて

いつでも、どこでも

購入いただける類のものではない

ただ、想像して下さい

毎日生乳を産み出す酪農家さんがいて

それを運ぶローリーの運転手さんがいて

酪農に関わる様々な人がいて

運んでもらった生乳から

チーズを作る人がいて

毎日、チーズを仕込んだり

できたチーズを切り分けたり

容器に詰めたりしている

やっと商品になったチーズは

ショーケースに並べられ

配送業者さんのトラックに揺られ

料理人さんの手で美味しく姿を変えられ

やっと食べる人の手に届く​

当たり前であることは、

当たり前ではない

多くの方々の努力の賜物に

​自分たちは支えられている

どんな時もその事を忘れたくない

そう想っています。

© 2023 by GOOD TO EAT. Proudly created with Wix.com